こんな時代だからこそサブリースで安定を!

賃貸物件経営を経験したことのある方なら、誰しもが「サブリース」を利用するかどうかで悩まれた経験があるのではないでしょうか。一般の方には馴染みのない言葉ですが、そんな方も実は知らず知らずのうちに「サブリース物件」を利用されているかも知れません。一言でいってしまえば「サブリース」とは“不動産会社による転貸事業目的での借り上げ”のことであり、実際に物件を所有するオーナーから、不動産会社が物件を一括借り上げし、その会社が貸主となって賃貸物件を入居者に貸すといったものです。オーナーの立場に立って考えた場合、自分自身が貸主となって直接入居者と契約した方が、サブリース会社に貸すよりも、賃料収入面では高額となりますが、入居者との直接契約でないため、日常的なクレームや家賃収納・督促などの煩わしい業務を行う必要がなく、さらに入居者がいない空室状態であっても、サブリース会社には貸していることから一定の家賃収入が得られるなど、メリットも非常に大きいといえます。近年は賃貸物件も過剰供給気味であり、また景気低迷から家賃滞納なども増えているため、賃貸経営も難しい舵取りが必要となっています。こんな時だからこそ、サブリースを活用し収益の安定化をはかるのが賢いやりかただといえます。